松本 清張 - 法廷ミステリ - 双葉文庫[国内中古BOOK /小説]

型番 松本清張の短編をジャンル別に集めたシリーズ集、清張世界の入り口へどうぞ
販売価格 216円(税込)
購入数

-ご注文の前にお読み下さい-
中古品で御座いますので、多少の擦り汚れがある場合が御座います、
ご了承の上、ご注文お待ちしております。
---------------
著者:松本 清張
タイトル:法廷ミステリ
出版社:双葉文庫
内容(「BOOK」データベースより)

トモ子の許嫁、宗一が殺人の主犯として逮捕された。事件当夜、宗一と寝ていたトモ子は、宗一が部屋を空けていた時間があったにも拘らず宗一と一緒にいたと証言する。一審二審と宗一は有罪になるが、トモ子は一貫して宗一のアリバイを主張。裁判は最高裁まで進み、差し戻される可能性が出てきた。そこでも、これまで通りの証言をするつもりのトモ子だったが、ある事を知り、心理に微妙な変化が起きる(「脊梁」)。ジャンル別作品集第4巻は「法廷ミステリ」。裁判や法律を扱いつつ、著者ならではの人間ドラマ5編を収録。



Your recent history

Category

Group

Recommended

Recommended

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile