ミシェル ヴォヴェル(著)池上 俊一(監修) - 死の歴史―死はどのように受けいれられてきたのか - 創元社[国内中古BOOK / 世界史]

型番 墓地の変遷・伝承・遺言・絵等から探る死の博物誌
販売価格 324円(税込)
購入数

-ご注文の前にお読み下さい-
中古品で御座いますので、多少の擦り汚れがある場合が御座います、
ご了承の上、ご注文お待ちしております。
---------------
著者:ミシェル ヴォヴェル(著)池上 俊一(監修)
タイトル:死の歴史―死はどのように受けいれられてきたのか
出版社:創元社
内容:
ヨーロッパで「死」はいかにイメージされてきたか。
古代宗教における「死」はどんな形で儀礼の中に存続され、
「死後の世界」はどのように考えられたのか。
墓地の変遷・伝承・遺言・絵等から探る死の博物誌。

Your recent history

Category

Recommended

Recommended

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile