中野 京子 - 「怖い絵」で人間を読む - 生活人新書[国内中古BOOK /ノンフィクション]

型番 悪意、呪縛、嫉妬、猜疑、傲慢、憤怒、淫欲、狂気!カラー掲載名画33点を解説
販売価格 270円(税込)
購入数

-ご購入前にお読み下さい-
落丁、切抜きは御座いませんがあくまで中古品で御座いますので、
少々の傷、擦り、汚れ等ご了承宜しくお願い致します
-----------------------------------
著者:中野 京子
タイトル:「怖い絵」で人間を読む
出版社:生活人新書
内容:
昨年大人気だった展覧会観行けなかった人には超お勧め!
本書は、好評を博したNHK教育番組「知る楽 探究この世界」
2010年2〜3月のテキスト『「怖い絵」で人間を読む』をもとに加筆・再編集したもので、
「絵の視覚的恐怖」をより発展させた、悪意・嫉妬・猜疑・憤怒・傲慢・淫欲・狂気といった
「人間そのものの持つ怖さ」に重点を置いています。

ルネサンスから印象派までの西洋名画33点をカラーで掲載し、
それを軸に、引き出し線を用いた著者自身の手からなる詳細な図解解説を施すことで、
西洋名画に秘められた「人間の怖さ」を解き明かす、興味深い一書となっています。
スペインの名匠ベラスケスによる晩年の傑作『フェリペ・プロスペロ王子』をはじめ、
ゴヤの『我が子を喰らうサトゥルヌス』やレーピンの『イワン雷帝とその息子』など、

その絵が描かれた当時の西洋社会の歴史的背景、
画家や注文主の思惑をあばくことで、
それぞれの絵画の裏に巧妙に隠された「怖さ」のシンボルやメタファーが忽然と浮かび上がってきます。
ベックリンの『死の島』は全5点のヴァージョンを比較、
グリューネヴァルト『イーゼンハイムの祭壇画』は解体部分図の全てに解説を記すなど、
番組やテキスト時の内容以上に、よりたくさんの情報が本書には盛り込まれています。
また、カラー図版が豊富なことで、美術評論書としてだけでなく、
いわゆるビジュアルブックとしても楽しむことができます。
著者が提唱する絵画鑑賞法()槓犬燃┐描かれた時代背景を
まず“読み”こみ、△修隆霑鍛亮韻鬚弔韻燭△箸膿涓鯑りの絵を“見る”)を、
博物館に行くこともなく、高い図鑑を買うこともなくして実践できる贅沢な一書となっています。

Your recent history

Category

Group

Recommended

Recommended

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile