SHING02 + DJ $HIN _ 1200 WAYS[国内新品MIXCD /HIP-HOP]

型番 "Pearl Harbor"を生んだ名コンビ再び
販売価格 972円(税込)
購入数

"Pearl Harbor"を生んだ名コンビ再び...
SHING02とDJ $HINによるフルアルバム!

惜しくも生産停止になってしまった、DJカルチャー、そしてレコードカルチャーに多大な影響を与えた名機"TECHNICS SL-1200"に捧げた"1200 WAYS"。名曲"Pearl Harbor"発表から15年...リスナー待望のタッグによる本楽曲が突如フリーダウンロードで発表され話題を呼んだSHING02とDJ $HINによるアルバムが遂に発表される。制作開始から約1年、妥協無しのセッションで生み出された本作は、バラエティ豊かでHIP HOPファンもニヤリなDJ $HINによるプロダクションとSHING02による時代を切り取りつつもユーモアに装飾された英詩のリリックが軽やかに交わりターンテーブルの上を舞う。ジャケットアートワークを手掛けるのはSHING02のMIX CD"FTTB"シリーズでもイラストを手掛けているMAMI MIYAZAKI。


■SHING02 (しんごつー)■
カリフォルニアを拠点に活動するMC / プロデューサー。これまでに「絵夢詩ノススメ」「緑黄色人種」「400」「歪曲」を発表し、発案したfaderboardを取り入れたKosmic Renaissanceなど、国内外のコラボレーションをこなす。世界中のプロデューサーやミュージシャンとの競演を重ねながら、現代音楽としてのヒップホップを体現する。 2013年はミックスCD「FTTB4」「LIVE FROM ANNEN ANNEX」を発表し、DJ $HINとアルバム「1200 Ways」をリリースする他、日本語盤の「有事通信」も控えている。


■DJ $HIN(でぃーじぇー・しん)■
幼少の頃より洋楽を耳にする環境の中で育ち、 10歳からブレイクダンスを始める。 ダンスに夢中だった彼は遂に1990年DJに目覚め、 1992年よりプロのDJとして活動をスタート。 同時にDJバトルにインスパイアされ、そして参戦。 数々のタイトルを奪取、西日本チャンピオンを4度経験し、 1998年には日本第2位まで上り詰め、 翌年1999年、DMC日本代表となった。 それと同時に、K.O.D.P.のBooなども在籍したS.B.S.のDJとして、Word Swingaz/FutureShockのLive DJとしても活躍。Shingo2/E22との名曲"Pearl Harbor"などのトラックメイカーとしても知られる。 さらには数々のテレビ番組にも出演、 FMラジオ番組のレギュラーも勤めた。 2003年にはCREWの名を一部に冠したレーベル、"Turntable Troopers Entertainment"(T.T.E)を立ち上げ、第1弾音源ともなるソロアルバム『World Famous』をリリース。第2弾となったバトルブレイクス『KAMIKAZE BREAKS』は爆発的な売り上げを記録。その後、第3弾『SAMURAI BREAKS』、第4弾『ICHIBAN BREAKS』、第5弾『BANZAI BREAKS』、第6弾『KAMIKAZE SKIPPROOFS』 と、次々にリリース。どれも国産バトルブレイクス史上記録的なセールスで、今もなお記録更新中である。最先端技術のVDJも積極的に取り入れ、2010年には日本初のVDJクルー『Absolute Sound』を発足。毎週金曜日に行われているUstreamでの無料配信も話題沸騰中である。最近ではDJスクール、音楽専門学校など若手育成やプロデュース活動に重点を置き、トラックメイクやクラブプレイでもそのスキルを発揮している。 単にDJとしてだけでなくプロデュースなど、 幅広くこなせる貴重な存在と言えるだろう。まさに日本DJ界の『PIONNER』的存在である。


01. I'M THAT BOY
02. SWEET DISCOVERY
03. 1200 WAYS
04. WHEN YOU COME AROUND
05. HI-COAST
06. LOOK FWD
07. FRESH OUTTA BOX
08. SQUEEZE ON IT
09. BACK DOOR SLIDER
10. TAG MONKEY
11. TAG MONKEY REMIX
12. 1200 WAYS REMIX

Your recent history

Category

Recommended

Recommended

Other page

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile