AtariTeenageRiot[アタリティーンエイジライオット] / Is This Hyperreal? / Beat Records[国内新品CD /HARDCORE ,NOIZ ,PUNK]

型番 彼らの存在意義を改めて証明すべく、ATR完全復活とも言える渾身のアルバム
販売価格 2,160円(税込)
購入数

■ ビートとノイズの嵐。ダンスフロアーに政治を! グローバリズム反対! 捕鯨反対!(秋田昌美 [MERZBOW])
■ 音という最強の武器を手に乱射しまくる先鋭的クリエーター集団A.T.R確実に彼らの'革命'は世界中に広がっている(KYONO [THE MAD CAPSULE MARKETS])
■ 現在のマッドサウンドはAtari Teenage Riot無しには有り得なかった!(Motokatsu Miyagami [THE MAD CAPSULE MARKETS])

アレック・エンパイアを中心に1992年ベルリンで結成され、アナキズム、反ネオナチ、反ファシズムを掲げたポリティカルなシャウトを高速ブレイクビーツに搭載した過激サウンド【デジタル・ ハードコア】で世界中の音楽リスナーを発狂と狂乱の渦に巻き込んだ伝説のバンド、アタリ・ティーンエイジ・ライオット。そんな ATRが1999年の名盤『60 Second Wipeout』以来の12年振り4作目のオリジナル・アルバムを発表。彼らの存在意義を改めて証明すべく、ATR完全復活とも言える渾身のアルバム!
現在オリジナル・メンバーのアレック・エンパイアとニック・エンドウに、新メンバーのCXキッドトロニックをMCに迎えた3人体制で活動中。CXの加入は、パンクロック的リフや909ドラムマシーンの生み出す躍動的なリズムの上に、彼ららしい社会的意識の高いリリックスを乗せた本アルバムに大きな影響を与えている。切迫した“抵抗と論争”の 感性から生まれた本作『Is This Hyperreal?』は、文化的環境の危機を訴えかけるメッセージと、フューチャリスティックなベース・サウンドに代表される痛烈なエレクトロニック・ ミュージックが特徴。初期のハードコア・レイヴやパンクロックのライヴを彷彿とさせる爆発的なサウンド・プロダクションを駆使し、現代の社会問題に深く切り込むことで、時代感覚に合った新鮮なサウンドを実現している。「ATRのニュー・アルバムは、ハッカーの活動や、政府、企業によるインターネット規制 が、その自由を奪うという側面を追求してる」とアレック・エンパイアは説明する。タイトルにも含まれる ハイパーリアリズム(超写実主義)、デジタルの衰退、人身売買、ウィキリークス、政治的混乱、自由至上主義など、今私たちの身の回りで起きている事象を通して、未来に向けて私たちが意識をすべき問題を投げかけている。アレックは「これはグーグル時代のプロテスト・アルバムなんだ。音楽面に関して言えば、ATRらしいサウンドをより未来的に聴こえるように務めた。ビートにはよりパンチを加え、ベースラインもよりヘヴィーにしたことで、トラックに一段階上の深さを与えるようにした」と続ける。
ボーナストラック2曲収録・解説付・国内盤。

Your recent history

Category

Recommended

Recommended

Other page

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile