下重 暁子 _ 家族という病 _ 幻冬舎新書[国内中古BOOK /エッセイ]

型番 家族ほどしんどいものはない。これまで神聖化されてきた「家族」を斬る!
販売価格 0円(税込)
在庫数 在庫0個 売切れ中

SOLD OUT
-ご購入前にお読み下さい-
落丁、切抜きは御座いませんがあくまで中古品で御座いますので、
少々の傷、擦り、汚れ等ご了承宜しくお願い致します
-----------------------------------
著者:下重 暁子
タイトル:家族という病
出版社:幻冬舎新書
内容:

(「BOOK」データベースより)

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。
しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。
実際には、家族がらみの事件やトラブルを挙げればキリがない。
それなのになぜ、日本で「家族」は美化されるのか。
一方で、「家族」という幻想に取り憑かれ、口を開けば家族の話しかしない人もいる。
そんな人達を著者は「家族のことしか話題がない人はつまらない」
「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」と一刀両断。
家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。

Your recent history

Category

Recommended

Recommended

Other page

About the owner

Jar-Beat Record

web専門店で御座います、ご連絡は「お問い合わせ」からお願い致します。

Blog

Mobile