"商品カテゴリー" 一覧

夢野 久作[ゆめのきゅうさく] _ ドグラ・マグラ[上,下巻set] _ 角川文庫[中古BOOK / 小説]

-ご購入前にお読み下さい-
落丁、切抜きは御座いませんがあくまで中古品で御座いますので、
少々の傷、擦り、汚れ等ご了承宜しくお願い致します
-----------------------------------
著者:夢野 久作[ゆめのきゅうさく]
タイトル:ドグラ・マグラ[上,下巻set]
出版社:角川文庫
内容:
特に10代の自分は人とは違うぜ!の気持ちが強い時に必ず一度は手にして挫折するというw書。
丸尾末広等と対で読む人も多し。

[Wikipediaより]
『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説で、
構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。
小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、
日本探偵小説三大奇書に数えられている。

「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテレンの呪術を指す
長崎地方の方言とされたり、「戸惑う、面食らう」や「堂廻り、目くらみ」
がなまったものとも説明されているが、詳しくは明らかになってはいない

大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた、
記憶喪失中の若き精神病患者の物語(と思われる)であり、
「私」という一人称で語られていく。
彼は過去に発生した複数の事件と何らかの関わりを有しており、
物語が進むにつれて、謎に包まれた一連の事件の
真犯人・動機・犯行手口などが次第に明かされていく。。。。というストーリーは
そんなに変ではないのですが。。。。
型番 読破すると数時間以内に一度は精神に異常をきたすという、中二病でさえ理解不能書
販売価格
540円(税込)
購入数